上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
第4話 2007-11-10
第4話


 容疑者として浮上したのは、小林和美と同じマンションの同じ階に住む、大橋孝弘(二十歳)、古田香織(二十二歳)、太田邦宏(二十四歳)である。


 大橋孝弘は専門学校に通う学生で、将来イラストレーターになるために、アルバイトをしながら勉強に励んでいる。バイト先は近所のバーである。

 古田香織は都内の大学に通う学生である。
 サークルには一応所属しているが、生活の大半はアルバイトに費やしているようだ。仕送りももらっているため、アルバイトをしないと大学に通えないと言った苦学生ではない。 高校のときから付き合っている彼氏があり、都内の別の大学に通っている。

 太田邦宏は都内の大学の医学部に通う学生である。父親が開業医という裕福な家庭に生まれており、とくにアルバイトはしていない。成績は中の下くらいであり、特に彼女もいない。
 小さい頃からあまり女性には縁がなかったと、太田さんのお母さんは語った。


つづく


スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://regzacampaign.blog123.fc2.com/tb.php/24-5c17be4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。